東北の虎。2016~2017/2017~2018

【川西産/久留米産 Lineup】

◇川西産・久留米産・完全系統分けライン展開◇

東北の虎。がブリードする川西産は本家M氏直接購入個体、銚子オオクワガタ倶楽部様直接購入個体がメインとなります。

川西マツノ系(東北の虎。管理名~K4系)はshima氏が選別累代し今現在の形状になる以前のshima川西産の血が少し入っております。(マツノ氏個体管理表など血統背景情報すべて有)これらの配合は1世代のみ羽化不全対策として配合展開し、現在は東北の虎。選別累代にて重戦車形状に戻すべく配合をしています。奈良輪系は血統背景が不十分なため2017年度2ライン(東北の虎。累代)のみブリードし新規奈良輪系の配合は行なう予定はありません。2014年度に初めて東北の虎。が累代した奈良輪系はまだM氏と合同飼育していた頃の個体(GG系、DG系を分けてブリードしていた累代個体)が主になっており血統背景がしっかりしております。奈良輪が独立した後の個体も血統背景のわかっている個体のみを配合しております。

それらの情報は当HPでご覧いただけます。

久留米産はマツノ系統及びメルリン系統が基盤となっており、それらの血統背景情報もすべて保管しております。

東北の虎。が累代しております久留米産のブリーダー様及び血統背景も当HPでご覧いただけます。

※一部不正防止のためライン番号等を消しております。

すべての個体は私個人が大変良くして頂いております信頼できる方々から譲渡して頂いた個体のみブリードしております。

※各個体の情報を元に偽の証明書等を作製し某オークションにて詐欺行為が行われている事例が今現在もおこなわれているようです。私も以前被害にあっております。これらの情報は必要であればこちらの判断で血統背景を開示しますが、基本私が累代した個体情報以外の補強個体等の情報開示は控えさせて頂く事もございますので予めご了承くださいませ。

何かありましたら血統背景情報は保管しておりますのでいつでも開示は可能です。

 

♤TT川西産G~本家GG血統ライン

(ピンクラベル)

TT川西産G系統~GGの持つ最高の形状、サイズを選別し配合

完全Gゴールド系統ライン

♤2017年度補強は無

 

♤TT川西産GL~本家GG血統長刃ライン

(レッドラベル)

TT川西産G系統~2014-8254/7951秘蔵ラインを中心とした高還元率長刃系を選別し配合

完全本家秘蔵系統ライン

♤2017年度補強は無

 

♤TT川西産D~本家DG血統ライン

(グリーンラベル)

TT川西産D系統~短刃の重戦車のような最高の形状、サイズを選別し配合

完全Dゴールド系統ライン

次世代Gゴールドとの最高の配合系統となることを目的としたライン

♤2017年度補強は無

 

♤TT川西産C~本家GG血統×DG血統配合ライン

(ブルーラベル)

TT川西産G系統とTT川西産D系統の中から最高の形状、サイズを選別し配合

完全Gゴールド×Dゴールド配合ライン

血統名Cはコンビネーションから生まれており、怪物をここから作出したい

♤2017年度補強は無

 

♤TT川西産K4~マツノ系配合ライン

(ゴールドラベル)

貴重な川西産マツノ血統の血が入っているラインで不全対策として立ち上げたラインがK4となります

形状は長刃形状は廃止、GGまたはDG形状に近い形状の個体を選別し配合

GゴールドとDゴールドとの相性も抜群で、また違った系統であるため楽しみなラインになります

♤2017年度補強は無

 

 

♤TT久留米産~マツノ久留米、メルリン久留米配合ライン

(パープルラベル)

877系~久留米最強を目指すべく超長刃細身形状が特徴の超大型系統

861系~顎が長くスタイリッシュな形状が特徴の超美形系統

856系~顎は861系より短刃で太くがっちりとした形状が特徴の超極太系統

2012年度TT久留米産877系統、861系統、856系統を中心に展開

❤877系統作出K氏累代の久留米86系、85系を含む3系統を補強

それぞれの特徴を生かし超大型久留米産作出に挑みます

 

※里子ライン

(ホワイトラベル)