TT久留米産856系

インライン2世代目

(第6回BE-KUWAギネスメルリン久留米83.3mm系統)

【血統背景】

2012年東北の虎。久留米産ブリードにてNo.2の個体がこの12A-7番85.6mmになります。メルリン2007年14番血統(当時驚愕の35.9gを記録)や2008年4番血統(当時メルリン至上最高の頭幅に最大体長を記録)の血が入っているせいなのか幼虫体重が全体的に他のラインより重い傾向があります。また太さの遺伝子をしっかり受け継いでおり体躯の太い個体が多くみられ私好みの系統であるのはこの配合数を見て頂ければわかるかと思います。また2007年19番の還元率の良い血も受け継いでおり『相性』が嵌れば大化け・・・するのではと期待は大きいです。ただ少し体躯がデコボコしている個体も多く、配合ではそれらを対策した配合にするのか、攻めた配合にするのかはとても悩ましいです。おそらく他に比べ完全に近い相性が得られなければ大ハズレしそうな雰囲気も持っており、多くのラインを組むのもある意味賭けであるとも言えます。目標は85mm以上を狙い体躯の太い迫力ある個体が羽化してくれたら嬉しいですね。

※管理カードはS氏データをもとに新しく作成しております。当時お譲り頂きました親虫詳細及び血統背景等の個体データはすべて保管してあります。

♤ 2017年度TT久留米産親虫 データ♤