販売個体のアップは

もう少しお待ちください。

お待たせ致しております。

お待たせいたしております。

メールの方にも返信できず申し訳ありません。

この場をお借りして、ご購入のご連絡を頂きました皆様に感謝いたします。

 

個体の写真を撮る時間が中々とれず、HPへのアップ遅くなっております。

少しお待ちくだされば幸いです。

 

TT川西産、TT久留米産、外国産、国産クワガタに分けてアップする予定です。

宜しくお願い致します。

2019/7/17

今しか手に入らないものがある・・・!

今後、手に入らない私の情熱を受け継いだ血統!

TT川西産血統!

 

村田ヤッタ!

本当にたくさんの激励を頂き心より感謝申し上げます!

 

村田選手やりました!いや~もう嬉しい!元気貰った!泣きました!

俺も頑張るぞって思いました。絶対に頑張ろうと思う。諦めないぞ。

 

来週7/15(月)に、私が命を懸けて作り上げた、血統背景の明確なTT川西産の個体をHPにて里子の募集をさせて頂きます。私の信念は生き物のブリードにおいて血統背景がわからないはずがない!そして生き物の宿命であるオオクワガタは血が濃くなると大きくなりにくい!不全が多発する!それらをどのようにして回避するのか?それこそが明確な血統背景から導き出した配合です。これは自信を持って言える事。命を懸けてやったからわかる事。

この上ない努力のもとで生まれたこの大切な血統をぜひお願い致します!!

2019/7/12

今しか手に入らないものがある・・・!

今後、手に入らない私の情熱を受け継いだ血統!

TT川西産血統!

 

皆様へ

たくさんのご心配や感謝のご連絡、本当にありがとうございます。本当に嬉しいですね。頑張ってよかったと思います。

引退の理由ですが、私の相棒である嫁の病気の再発、及びブリードの相棒である実弟が疲労によりダウンしてしまった事が大きな要因です。特に嫁は昨年度に大きな手術をしておりますので、今回の再発はとてもショックの大きな出来事になります。2018年度のHPの更新が少なかったのはこのためです。

 

オオクワガタのほうもお世話をする時間が中々取れなくなってしまい、改めてお世話をする重要性を再認識致しました。

今までのオオクワガタブリードは身内の協力なくしては語れず、私のオオクワガタに対する思いを理解してくれたみんなのおかげだと思っております。今度は私が大切な相棒を大事にする時と考えております。これが決断の理由です。

 

今後は今期羽化分をもちましてブリードを引退となるわけですが、皆様にはぜひTT川西産をブリードして頂けたら嬉しく思います。私が2011年度より本格的に始めた血統背景の明確な川西産のブリードから生まれたTT川西産をより多くの方々にその川西産の素晴らしさを最後にお伝えできればと思っております。私の最高峰羽化個体である87mmをはじめとする個体群のすべてを里子に出す予定です。ただ私が命を懸けて育てた個体を本当に欲しいという方にお譲りしたいと考えています。久留米産も87mmを筆頭に、復帰1年目で素晴らしい結果を残してくれました。そちらもすべてお譲りする予定です。最初に希望者がおられれば里子の募集をさせて頂ければと思います。今週~来週中には、その内容をHPにてアナウンスいたしますので、是非ご覧頂けたら幸いです。宜しくお願い致します。

 

希望者の募集が終了次第オークションに出品させて頂きたいと思います。

オークションに関してですが今まで貫いてきました1円スタートは廃止いたします。

最後に川西産の素晴らしさをお伝えしたい思いも強いですが、私自身、命を懸け情熱を懸け、日本で初めて川西産85mmオーバーの画像を公表をした正真正銘の大型川西産血統である大切なTT川西産は本当に欲しいと思う方やTT川西産に強い興味を持たれた方にぜひブリードをして頂けたらという思いから1円スタートを廃止することをご理解いただけましたら幸いです。私の想いをご理解の上、手に取って頂けましたらこんな幸せな事はありません。

2019/7/10

今しか手に入らないものがある・・・!

今後、手に入らない私の情熱を受け継いだ血統!

TT川西産血統!

 

重大告知

2018年度ブリードラインの羽化分をもちまして、オオクワガタブリードを引退する事となりました。

TT川西産をブリードされておられるファンの皆様、今まで菌糸供給や様々なご協力いただきました皆様には心より感謝いたしております。詳細等は明日明後日にこのHP内でアナウンスさせて頂きます。

苦渋の決断ですが、寂しい気持ちで一杯です。なぜ引退を決意したのか、

また私が命を懸け作り上げた各血統親虫の里子についても合わせてお知らせいたします。

宜しくお願い致します。

2019/07/08


東北の虎。HPへようこそ!

ぜひ熱い熱い川西愛を感じて頂けたら幸いです!

TT-K4(ケーフォー)

 東北の虎。TT川西産K4血統は、マツノ血統×森田血統の配合個体を嶋原さん、権丈さんから里子して頂いた個体で、故松野氏から形状のお墨付きを頂いた個体からの累代です。私の情熱に応えるべく生前松野氏がイイ個体が出るまで待って下さいと、そのようにおっしゃって下さっておりましたが、良個体など関係なく購入しとけばよかったと後悔しております。※故松野氏が長年配合した川西産は、今も累代は続けているようですが販売できる個体はいないと2代目様から伺っております。

皆様はなぜ今まで結果があまり出ていないTT-K4にここまで情熱を注ぎ拘っているのか不思議であると思います。実際にK4はダメだよって言われたこともあります。次回記事にてなぜ私がTT-K4にここまで情熱を注いでいるのか?私が大事にしているブリードの基本や心構え、故松野氏の教えなど、今まで何となく詳しく語っていなかったK4に込めた思いやそのコンセプト等々を含め記事にしたいと思います。

TT-K4はマツノ川西の血が流れている唯一のTT川西産血統であり、私が並ならぬ情熱を注いでいるのがお分かり頂けると思います。下の画像個体を見て頂けたら、少しはお分かり頂けるのではと思います。

ちょっと話はそれますが、私のブリードは故松野氏から教わった管理法が基礎になっており、私が血統背景に拘るのはまさに故松野氏の教えであります。故松野氏のブリードをお手本としているブリーダーは沢山いらっしゃると思います。お手本としているブリーダーさんを見ればお分かり頂けると思いますが、血統背景管理がしっかりしています。私もご覧の通り血統背景は完璧です。超がつくほど完璧です。

 

しかしながら私は頭の中に配合等々をすべて記憶、紙面管理しているのでHPの表を見てもわかるんですが、皆様には私の血統背景管理や配合から派生した系統分け等が中々難しいらしく、最近血統背景についての質問が増えてきております。このようなお問い合わせがあるとなんか嬉しいですね。他系統のコンセプトも時期を見て書きたいと思います。

 

そして、次回ブリードからTT-G、TT-GL、TT-C、TT-K4の系統名がなくなる?方向です。

系統名が変わる予定ですが、マツノ川西の配合管理は完璧ですのでご安心ください。

そちらも含めHP内でアナウンス致します。

2019/07/03

 

マツノ系の血を入れ不全対策として生まれた系統、TT-K4!この系統を配合するにあたり、どうしても譲れなかった森田系の形状を保つこと!中々デカくならない、形状が安定しないとかなりの苦戦をしましたが、3世代目にしてようやく出てきてくれました!ご覧ください!

そこでK4の在庫についてお問い合わせもありましたので、手元に残しておいたK4系統の♀(即ブリ個体)を少しだけお分けいたします。気になる方はこちらからお問い合わせください!

【管理番号:17A12-07】体長:83.5mm(大顎最大値)頭幅:30.0mm(キッチリ計測しています)顎幅:未計測

 

A12番/TT川西産K4血統 17A12-8354K4  83.7mm(1201)G  54.7mm(2704)K4