※HP内に記載されております内容や画像等に間違い等不備がある場合が稀にございます。わかり次第その都度訂正いたします。またお気づきの点がありましたらご連絡ください。速やかに訂正をいたします。更新時の時間帯(夜間)により、ほぼ眠気によって起きる間違いがほとんどとなります。その旨ご理解ご了承願います。ノギス画像については、冬季に行う予定です。先日記事にアップした87mm1615-38(翅開き個体)がノギス撮影中の不注意で★となってしまいました。動きの少ない冬眠時期に計測する事が安全と判断した次第であります。皆さん経験している事と思いますのでご理解いただけると思います。尚、当HPでご紹介しております個体群はすべて現存している個体ばかりです。いつでもご訪問して頂きご覧いただけます。生き物ですので突然死等もございますがそういう例はごくわずかです。また再計測後サイズダウンしている個体は速やかに訂正させて頂きます。宜しくお願いいたします。


 (東北の虎。)は目指します。『川西8532』・『久留米9030』 !!

2014年度ブリード数~898頭  2016年度ブリード数~549頭  2017年度ブリード数~615頭

 


☆The latest news☆

◎川西産オークション出品のお知らせ

1円スタート出品中!!こちら

皆様いつもありがとうございます。

♂、♀単品での出品です!

 

TT川西産各系統2017年度新成虫

良血統個体掲載中!

 

虎 shopへGO!



topics~nice day

11/08(水) 菌糸詰め~発菌良好!

11/7は予定しておりました菌糸詰め作業をしましたョ。28ブロック(1500cc×69本)を詰めましたが、アシュタカプレスタイプ30Tのおかげで詰め作業がホント楽になりました。もう一台ストックで欲しいな~。さて発菌部屋にボトルの様子を確認しに行ってきました。2日目ですがもう白っぽくなってます^^いい感じです。以前は冷やさずに詰めておりましたが、発菌の悪いボトルが出てくることもあり今は必ず冷蔵庫で1日以上冷やしてから詰めています。冷やさずに詰めた発菌の悪いボトルも、詰めた後に冷蔵庫で冷やすとキチっとまわってくれますが、今はそういう手間がなくなりました。やはり冷やしてから詰めているのが良いのでしょう。詰め加減も思った通りにできております。真ん中をふわっと^^今回採用したPETボトルは薄いですが丈夫で傷がつきにくく、尚且つ軽量で扱いやすいボトルです。最後の1000ccは10/31に詰めた物でもう使用可能ですね。いつでも投入できます^^とは言ってもあと500本ほど詰めなければなりませんので、毎週休みは菌糸詰め作業に追われます(笑)でもホント楽なんですよね^^タイプ30Tありがとー!と心から思っています!唯一の問題は12月末まで毎週菌糸詰めという過酷な日程に私の体力が持つかどうかです・・・マジで。・・・ユンケル飲んで頑張るしかないですね~。

11/07(火) 久留米産、お試し交換(67日)と3本目専用~新ボトルの発注

2012年以来4年ぶりに復活しました久留米産ですが、気になってしまい悪いクセで・・・♂らしきボトルを2本、♀らしきボトルを2本の計4本を67日でお試し交換をいたしました。(配合:黒王氏♂84.5mm×TT久留米産856系52.7mm:17B06番ライン)♂♀の判別は狙い通りで♂は28gと30g、♀は14g台が2頭で、久留米産にしては上出来でした!思った以上に体重が乗っていてすごく嬉しいです!しかも今季初挑戦のPET容器ですから尚更です^^さて今年は通しでPET容器を使用しますが、3本目専用として画像5の1000cc容器と同じくらいの背丈に1500ccを改良し、1800cc位の容量にします。今期2本目は通常の1500ccPET容器を使用しますが、来期からは2本目も改良型PET容器を使用する予定です。詰めるオガの量は同じです。また2000ccのPET角容器も試験的に使用し、丸容器と角容器での体重の乗り具合などを検証する予定です。今年は色々と試していることが多いので少し不安ですが、低コストにて大型化を目指すべく検証を今年も根気よく続けていきたいと思います。そして1年でも早く自分のブリードスタイルを確立させたいです。明日は菌糸の詰め作業で、下準備もばっちりです^^今期導入しましたアシュタカプレスタイプ30Tのおかげで作業がだいぶ楽になってます^^

10/21(土) TT川西産G(GG85系秘蔵)から派生したGL系統~TT川西産MA血統への進化

※本家GG85系含むGG系100%累代→TT川西産G系統として管理

本家GG系から派生したGG秘蔵系/長刃型を配合したライン2014年8254系、7951系を配合した2016年ライン→TT川西産GL系統として管理

2018年度より大型長刃9030形状を目指し、大型長刃系の傾向を持つ個体をTT川西産K4を軸に配合したライン→TT川西産MA血統として管理(MAはMountAugustuの略)

あれれ!?撮影中に右の触角が半分無くなっているのを発見。以前の画像を見直しましたら最初はありましたので、う~んショック!最近は親個体が★にならないか本当に心配です。さて『TT川西産MA血統』(※2018年度よりスタート)ですが、私が川西産の大型化を目指し本家より直接『少し顎が長く還元率の良いGGがいるよ』とのことで本家秘蔵の個体を購入し、2014年度ブリードに投入。そのブリードを成功させたのがこの血統の始まりになります。それからもう2世代目になりますが、皆様どうですか!このカッコいい画像の♂は個体番号1622-14の86.0mm(※9/29ノギス画像掲載)で頭幅はきっちり計測して29.9mmの迫力あるとてもとても美しい個体です。3本目交換時33.8gからの羽化で還元率も良く、蛹室もデカい!間違いなく『TT川西産MA血統』の親虫としてその力を存分に発揮してくれるでしょう!配合は本家秘蔵のクロスラインで2014年度ブリード『7951×8254』になります。♂は2014年度最大86.6mm(147951-28※翅パカ)に♀は52.4mm(148254-33)で掘り出し時蛹室が馬鹿デカかった個体を使用しました。私は各ラインの傾向も重要視しますが、個体の傾向をより重要視します。様々な情報を組み合わせ選別累代する事で、より優秀でより美しく、その血統別に狙った形状の固定を進めていくことが私のやるべき事であると思っております。またそれが楽しくてしょうがない。もちろん失敗も多くしますし、川西産のブリードは愛情を注いでも報われることが少ない血統であり心折れることも多々ありますが、その反面使命感から将来を展望した時に、今から何をすべきかを数多く考えさせられる血統であるが故、素晴らしい個体が羽化した時の嬉しさは超半端なく・・・!今までの苦労をすべてチャラにできるとてつもない魅力ある血統なんだと思うわけでして^^

前回の記事でも書きましたが『TT川西産MA血統』の軸となる系統は『TT川西産K4(※マツノ系)』ですが、こうして個体の傾向を観察し狙った形状の固定に向け選別累代する事で、いくつもの有効な(血の入替えによる大型化や不全対策等)ブリードが可能となり、その結果が待ち遠しく、より楽しく感じます。2016年度ブリードにおいてこの『TT川西産MA血統』として配合が可能なライン番号は、①番、②番、⑤番、⑬番、㉑番、㉒番あたりが有効でしょう。太さも兼ね備えていますが⑨番も面白そうです!うぃ~^^

10/16(月) TT川西産Dの基本形状~羽化個体のご紹介

今日も朝から足の治療・・・今日も痛かった!いや~長引いてます。わたしはMではありませんので、痛いのはホント嫌です。早く治ってほしいです。

さて・・・『東北の虎。TT川西産』では今後大きく3血統に分け、その特徴に拘った配合をしていくことが決定しております。簡単にご紹介いたしますと大型に拘った『大型9030形状~TT川西産MA血統』はTT川西産K4が軸になります。太さに拘った『大型短刃8030形状~TT川西産DAZZLE血統』はTT川西産Dが軸になります。そして『東北の虎。』メイン血統であります『大型重戦車8532形状~TT川西産血統』はTT川西産G、GL、C の3系統を軸にその8532形状に挑戦して行こうと考えています。(※軸になる系統には、すべての系統から羽化してきた個体の形状を観察し配合。)こうして各系統の方向性が見えてきたことで2016年度より『系統から血統へ~』をスローガンにその完成度を高め共通して『力強く美しい個体』を目指して行きます。そして、それらの個体の出現率を30%以上とブリードが楽しめる血統に育て上げていきたい・・・これが私の夢であります。画像はTT川西産Dラインから羽化してきた25番の♂になります。少しディンプルがあり、頭幅と体躯のバランスがまだまだですが、顎の太さやパッと見の迫力は備わっている優秀な個体です。この2016年Dラインは形状固定が進んでおり、DAZZLE血統の軸となる系統としては外せません。例えばDAZZLE血統ラインとして25番を軸にC系統の33番やGL系統では23番、G系統なら4番など太さ寄りの傾向を持つ個体を配合することで、より完成度が上がると確信しております。そうする事でそれぞれの傾向に拘ったブリードに有効であり、今までの系統分けですと各ラインの良い傾向を上手く生かせないため、こうした各形状に拘った選別累代をすることで、より魅力的な個体の出現率を高めていきたいと思っております。TT川西産をお買い上げいただきました皆様も、自分のスタイルに当てはめながら、様々な傾向を模索しお楽しみ頂けたら幸いです^^本日上がってまいりました画像の証明書は明日発送の分です!。もう少々お待ちください!TT川西産をお選びいただきまして本当にありがとうございます^^最後の画像はテストしていた添加剤がダメだったらしく一部菌糸の状態が良くありません。少し高温にてテストしているグループですが菌が負けてしまっています。ボトル内温度も想定温度より少し高いですね。ちょうど60日での交換で幼虫の重さは20gの♂でした。PETボトルが吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、1年を通して今期はPETで飼育してみたいと思います。なんか、失敗しそうな雰囲気がプンプンしております(笑)

10/10(火) ありがとうございます!~第一陣発送の準備と特注プレス部到着!

今日は抜糸の日でしたが、肉に糸が食い込んで抜けず来週に延期となりました・・・。抜糸ってあんな痛いの???はぁ~いやだわ~・・・。行きたくないな~~~。ぐちぐち言っていても抜糸はやらないといけないので、我慢するしかないですね。午前中に処置しましたが、今は・・・え~20:33ですがまだ痛いです。最近仕事休んでばかりだな。やばいな~(汗)さて昨日よりオークションを開始しましたが、早速の落札誠にありがとうございます!またHPからのお問い合わせに心より感謝申し上げます!第一陣の証明書と管理カードが出来上がってきました!発送までもう少々お待ちくださいね^^そして・・・だんだんと2本目の準備がはじまりますが、アシュタカさんより特注のプレスが届きました^^左から2枚目画像の真ん中ですが、1000ccのPETボトルに合わせて作って頂きました。ご覧のようにぴったり!!詰めかたの変更に伴い、三階松製のプレス機と併用し私が考えるスペシャルボトルにて2本目を攻めていきたいと思います。もちろん撃沈も覚悟の上。やってみないとわからない。何とか薄っぺらの大型幼虫を拝みたいものです。この場をお借りしまして、アシュタカさんこの度は極上のプレス部を作って頂きありがとうございました!!よ~し頑張るぞ~~~!

10/09(月) TT川西産血統~良型個体出現率が上がっています^^

私が求めております『川西産』は、自然でありながらも重厚であり尚且つ美しくある事です。そして自然な太さと美しく湾曲した大顎。すべてのバランスが究極なレベルに達した時、『TT川西産血統』に最大の情熱を注いだ今までの努力が報われるのだろうと思っています。まだまだその究極な個体にはお目にかかれておりませんが、一歩一歩近づいているように思えます。『8532』+『美形』が最終的な目標である私のブリードですが、今期羽化個体の中にはその可能性を秘めた個体が複数羽化しております。サーモ故障というトラブルに見舞われましたが今回羽化してきた個体を見て、私が何世代もの個体を選別累代してきたことは間違いでは無かったかなと感じています。まさにTT川西産の『血統力』を改めて強く感じましたし、これからも挑戦し続けていこうと。最近は努力の成果が少し出ているおかげで心折れることが少し少なくなってきてるように感じてます(笑)2018年度からは『TT川西産』各系統を中心に、太さに比重を置いた『TT川西産DAZZLE』と、長さに比重を置いた『TT川西産MA』の2つの新血統を立ち上げ、『TT川西産3血統』としてそれらの特徴を伸ばし新たな目標を持って取り組んでいきたいと思います。そうすることで皆様にもお楽しみ頂けたらこれほど嬉しい事はありません。私自身もブリードを続けていく上で『楽しい』という感情は物凄く重要であり大事なことであります。画像でご紹介しております個体は、ほんの一部ですが、G系/GL系/C系と83mm台を中心に美しい個体が羽化しており形状も重厚でその迫力は画像からでも感じて頂けるのではないでしょうか。80mm台(1631-28 80.5mm C系)頭幅29mmUPともなると、これもまた見ごたえありまして^^もちろんまだまだ貧弱な個体は数多くおりますが、その血統力を受け継いだ期待の個体ばかりです。また東北の虎。が大型化を目指し立ち上げました『TT川西産MA』血統に最も重要と位置付けております『TT川西産K4』は2017年度において複数のラインから幼虫を採ることができました。こちらも来期羽化が非常に楽しみであり、まだまだ私のモチベーションは右肩上がりです(笑)次はD系をご紹介いたします。

10/03(火) 新成虫のサイズ計測がようやく終了!そしてボトル交換~40g・・・

昨日の夕方緊急手術をしてきました。外来手術で日帰りでしたが麻酔がきれて・・・ものすごく痛かったです。初の手術でいつ切られるかビビってましたが、あっという間に終わってしまい、看護婦さんに笑われました。来週抜糸です。明日まで安静でお仕事はお休み・・・。ご来店下さる予定だった皆様、申し訳ありません!!木曜日から復帰します^^という事で、この休日を有効に使わせて頂きます!!今日は今期羽化個体のサイズ計測から始まり、2016年度ブリード分でまだ幼虫君をしているボトルの交換、お問い合わせをいただいております個体の撮影など精力的にクワ作業ができました^^そのボトル交換からですが、まだ40gを維持している個体がおりまして・・・というか増量しておりました(笑)増量せずに羽化してくればいいのに・・・。やはり40gは大きいですね。いつもは絶対にしませんが、手(素手)に乗せてみました。重い、デカい・・・(笑)2.000ccの角型PETボトルにマットを詰め投入しました。しっかりと潜ってくれてホッとしてます。♀も卵巣が見えないくらい脂肪?がたっぷりと乗っております。もう素手で触っております(笑)おそらく蛹化できないか、羽化しても不全確定でしょうね。でも少し期待を込め新しい菌糸へ。39.5gの幼虫は見た感じダメですね。2016年度は総数549頭中、♂30頭/♀9頭がセミ化となっており、♂は♀の約3.5倍。サーモの故障のため成熟期間が不十分だったことが原因のひとつと考えています。本日ボトル交換した39頭は、加温するのではなく2年で羽化(540日過ぎた時点で不全確定ですがあえて違う方法で実験します)させるよう1週間ほどおいて菌糸に馴染みましたら、低温庫へ移動しじっくりと成熟してもらいます。うまくいけば!?来期羽化してくるでしょう。期待せずに待つとします^^さてさて今期羽化個体もサイズ計測がようやく終わり、お問い合わせのあった個体を選別するべく・・・にらめっこ。この時間は好きです^^幼虫時代のデータ等々を照らし合わせてセレクトしました。我がTT川西産はまだまだこれからの血統ですが、ポテンシャルは十二分にあります。

ぜひ川西産のブリードをお楽しみいただけましたらと思います!!

10/02(月) TT久留米産877系統の祖である久留米血統作出者 Berg Spinne 氏より追加補強!

来期ブリードに向け本気モード全開の久留米産ですが、TT久留米産877系統の祖である久留米産血統作出者Berg Spinne氏より追加補強をいたしました。画像は♂84.4mm(HE2-28-03)ですが、どうでしょう!?この個体の持つオーラを感じて頂けますでしょうか!画像は光の当たり具合を変えて色々撮ってみました(笑)いつもながらの極上スペックでして、肌艶といい顎の長さや体躯のバランス等どれをとっても素晴らしいとしか言葉が出てきません。今現在オークションに出品されておりますが、皆さん・・・オークション画像より実物は期待を裏切らない素晴らしい個体ですよ!という事で、こんないい個体がビックリ価格で出てますよと、逃したらもったいないですよと、『ウズウズ』した結果、勝手に宣伝という形となりました(笑)久留米補強をお考えの方がおりましたらぜひともその極上スペックの個体を手にしてみてはいかがでしょうか!いや~ホントいい個体だよ^^ こちらからご覧ください!

09/29(金) 2016年度ブリード~TT川西産ノギス画像

今回アップいたしましたノギス画像は一部お見苦しいと感じられるかも知れませんが、100%GG系統での88mm(尻を少し押し込んでの計測です)に到達した個体をぜひご覧いただけたらと思います。先日計測した時は動いてキッチリ測れなかったため87mm台と記事に書きましたが、何とか88mmをキープしてくれました。ようやくここまで大きくなってくれたなという感じです。サーモの故障という不運に見舞われましたが、たとえ翅パカであってもこうして元気に羽化してくれたことは個体の羽化力が勝ってくれたのだと思いますし、またノギスを当てた時の感動は長年の苦労が報われた瞬間であり、まさに感慨深い思いで一杯です。川西産での88mmはまだまだ先が長いと思っておりましたので、このような翅パカ個体ではありますがご紹介いたしますことをお許しいただければ幸いです。きっと川西産で期待の幼虫たちが羽化できず★となったり、大きな蛹で★となったり、羽化しても見るに堪えない不全で最後の最後にモチベーションがガタ落ちした経験をされた方は翅パカであっても88mmという個体が羽化してきたことがどれだけブリーダーとして嬉しい事か分かって頂けるのではと感じております。今回ご紹介しております翅パカ個体はどれもお尻がきれいに収まっており、ブリードできる状態の個体です。来期の親虫として数頭の♀を配合し次世代に繋げ、更なる大型化に挑戦したいと思っておりおます。また2016年度からスタートしておりますTT川産C系統ですが、1世代目から完品85mm台をはじめ84mm台も羽化しており、もしかすると2世代目でいきなり86mmアップが拝めるかもしれません。継続して選別累代を重ねていきたいと思います。(画像は残念ながら動いて撮影できませんでしたので後程再チャレンジいたします)さてさて、1622-14番の♂ですが昨日85mm台にサイズダウンしたと書きましたが、何とか86mm台をキープしておりました。この個体はディンプルのない美しい個体でまだまだ余裕が感じられ、こちらも次世代に期待です。まだまだ羽化個体の中には良い個体がおりますので、少しずつご紹介できたらと思います。♀も後程画像アップいたします。最後の画像は来期の親候補83mmです^^バランスがとても良くカッコいい!銚子川西G血統の力は絶大です^^

09/29(金) 2016年度ブリード総括(※画像は後ほどアップいたします)

今回は川西産裏年(当ブリードにおいて)でしたが、1本目交換時から幼虫の体重が予想以上に乗っておりましたので期待のスタートでした。♂は43g、♀も23gと目標の88mmが出るのかも?と力が合はいりましたね(笑)しかし掘ってみると幼虫体重からの羽化サイズは川西産特有の横幅還元傾向を考慮してみても♀はとても良いサイズで羽化してきましたが、♂はなぜか物足りないものでした。そこで、この2週間あらゆる原因を調べたところ、なんと♂温度管理専用のニューマリンのサーモが故障しているのが判明しました。設定温度より実際の温度の方が高かったようです。何故こうなったかはメーカーに問合せ中ですが、2017年度の幼虫管理にも影響が出ますので早速注文しました。少し悔やまれますが今期、完全管理にてリベンジしたいと思います。しかしながらそういった環境から羽化してきた個体群を見るとTT川西産が目標としております究極の8532系統または88mm大型系統に向けての血統構築は確実に進化していると感じております。8/4の日記で羽化報告いたしました86mmは85mm台にサイズダウンしてしまいましたが、羽化直後88mm(翅パカ)を計測した87mm台を筆頭に、87mm台(羽化後★)と86mm台(いずれも翅パカ)、完品でも85mm台を超えた個体がすべてG及びGL系統から羽化しており裏年とは思えぬ結果に満足しております。サーモの故障は本当に悔やまれますが、翅パカもきれいな個体で親虫として使用できる範囲ですのでTT川西産G(GL)系統の完成度が上がってきてると感じております。数年前までは大型の川西産は見るに堪えない翅パカ個体のオンパレードでしたので、かなりの進化だと自負しております。おそらく川西産を飼育された方はこの気持ちを察して頂けるのではと思います。またG×D配合のTT川西産C系統も1世代目から85mmアップの個体が羽化しており今後の累代が楽しみですね。TT川西産D系統は当管理系統の中では血が濃い配合のため大きさでは負けますがその形状は素晴らしく軸となる系統としてその血統力を発揮してくれました。K4系統は2016年度配合しておらず、2017年度に結果を出したいと思います。♀に関しては61mm(9/27計測時:親虫として使用できる翅パカ)という見たこともない怪物が出ており、温度管理がしっかりと計画通り出来たため川西産らしいゴロンとした大きな♀が多数羽化しております。61mm♀はおそらく60mm台になるかと思いますが60mmを超えてくるともう次元が違います。数mmの違いなんですがその数mmでかなり違いますね。いずれも近日中に画像をアップいたしますね。来期ブリードより太さ重視の『TT川西産DAZZLE血統』やすべての川西産系統を配合し大型を目指す『TT川西産MA血統』の累代がスタートします。血の入替えが困難な川西産ですが創意工夫により乗り切って行きたいと思います。銚子さんが川西産を再スタートしたという事は朗報ですね^^さて2016年度ブリードも残り100頭前後の♀をサイズ計測すれば終了です。お問い合わせ頂いております皆様もう少々待ち下さい^^

09/19(火) オオクワガタ以外の羽化個体~クワガタムシ① 

私は子供の頃から昆虫が大好きで、よく山に出かけカブトムシをはじめミヤマクワガタ、ノコギリクワガタ、アゲハチョウやその幼虫、オニヤンマやヤゴ、タガメ、ミズカマキリ、オオカマキリ、カミキリムシ等々四季を通して様々な昆虫と触れ合って育ちました。その頃図鑑で見ていた外国のカブトムシやクワガタムシを今こうして飼育する事になろうとは夢にも思いませんでした。これも先人の飼育技術が専門誌やネットで容易に調べられる事と、道具や餌等の充実がこうして数多くの種類を育てることができる要因となっているのでしょう。またショップやオークションから様々な種類の昆虫を簡単に手にすることができ、昆虫好きとしては本当に良い時代が来たものだと感じてます。小学生の頃、ヘラクレスカブトムシやオオヒラタなどの大型種などは手にすることなど本当に夢のようで、一生見ることは無いだろうと思っておりましたから(笑)だから画像の羽化個体は、もうしょうがないんですよ。好きだから(笑)全然大きくはありませんが、その種の特徴が出ていて見てるだけでも楽しいです^^国産のノコギリクワガタにもこんな種類がいるなんてもうビックリです。オキノエラブは美しい体色をしていますね。オキナワノコギリは顎形状が地元のノコギリと違い見てて面白い。外国産のアスタコイデスもカッコいい^^ペイロニスコクワは小さくてかわいらしいコクワガタですがもはや♂♀わかりません(笑)たぶん♂かな。フォルスターフォルスターフタマタは♂親が83mmと大きかったためか、800cc管理から79mmで羽化してきて、掘り出しの時はビックリしました。最後の蛹はハスタートノコギリで、なんか蛹見てても面白いです。ハスタートはボトルが劣化しておりましたので人工蛹室に移しました。オオクワガタの他にこの子等の御世話をするので正直大変ですが、その大変より面白さが勝っているので結局やめられないのであります(笑)今年は菌糸ボトルが少し余ったためシェンクリンオオクワガタとアルキデスオオヒラタクワガの幼虫を購入してしまいました(笑)シェンクリンは大型のコクワガタといわれているようで、息子が先日落札した幼虫です。アルキデスも形状が大好きで、どちらも羽化が楽しみです^^さてメインのオオクワですが、残り♀のみの掘り出しとなりました。もう少しで2016年度は終わります。1年経つのが早く感じるのは、私だけなんでしょうか・・・(笑)

09/18(月) 2018年度ブリード親虫補強~久留米産/skipさん88同腹×メルリンさん88同腹が幻に・・・

(※1)9/25にBergSpinne氏より1♂2♀追加補強

2018年度久留米産親虫ですが、優秀な血統背景を持つ♂11頭、♀23頭(※1)と充実した補強ができました。詳しくはこちら!

どの個体も惚れ惚れするようなカッコいい形状で久留米産も本気モード全開です。2012年度久留米産ブリードにおいて、6番ラインから久留米産念願の86.1mmが羽化してきましたが、諸事情により親虫候補個体を地元S氏と親交のあったチョネさんに託し一時撤退をしておりました。ご存じのとおり川西産一本でブリードしてまいりましたが、地元S氏とチョネさんの所でとても良い個体が羽化しているのを拝見し、久留米産復帰への気持ちが高ぶったのは言うまでもありません。こうして累代して頂いたS氏、チョネさんには本当に感謝の気持ちで一杯です。チョネさんの所では14-19番絡みの16-5番ラインを狙い撃ちで決めさせて頂きました。またsndouさんからの補強もチョネさん14-19番の血統背景を持つラインを狙い撃ちいたしました。sndouさんの個体はチョネさんの14-19番の血統背景を持っているのでやはり似てますね^^すごく大好きな形状をしててどちらもカッコいいです!BergSpinneさんからは今期上位個体♂2頭を選んで頂き、861系統との血の遠い配合に期待を寄せており、ある意味面白そうです^^skipさんは今期3年目とは思えないような素晴らしい成績(私の3年目は・・・笑)を収めており、その強力なラインから88.4mm同腹個体をお譲り頂く事が出来ました事はとてもラッキーでした。オークション当日地元は秋祭り中で帰りが遅く間に合うか心配でした。万が一のため息子にオークションをお願いしておりましたが、何と自分の欲しい幼虫を落札。私のお願いしていた久留米はそっちのけ。帰宅後入札しない事を聞き焦りましたが、運よく流れており直接交渉となりました。きっとこの個体は私の所に来る運命だったのでしょう(笑)直接交渉にも快くお受け頂き感謝感謝です。きっとスパイス的な(起爆剤)要素を担ってくれるでしょう!そして締めはメルリンさん。HP内で販売個体のアップをまだかまだかと待ち望んでおりましたが、昨日待ちに待った販売開始。一晩考え12番♂と14番♀(88mm同腹)をセレクト。この一晩考えたのがまずかった。本日朝一で注文しましたが14番♀は売れ切れ。skip氏88×メルリン氏88が幻に(泣)予算的に54mm位まででしたので、12番♀を2頭お願い致しました。何とか確保でき補強は無事終了です。久留米産は色々とありましたが、国境?(笑)も復活し861系等の久留米産をまた本気でやろうと思えたことが本当に嬉しく思います。良血統を補強させて頂きました皆様には本当に感謝です。やるなら気持ちよく、少し前までの自分にサヨナラです!

09/13(水) 2016年度ブリード2017年羽化個体のご紹介(2)2番ライン/TT川西産GL系統

【個体データ】

2016年2番ライン/管理番号1602-10(1602-8654GL)/TT川西産GL系統

羽化サイズ:85.1mm

※左顎85.5mm:右顎84.8mm(85.5+84.5÷2=85.1とします。)

(9/13計測時※多少のサイズダウンも予想されます)

親虫:♂86.0mm(1412-05)×♀54.2mm(147951-13)

2014年12番最大の♂86.0mmに翅パカでしたが2014年度最大個体7951番♂86.6mm同腹の♀を配合した、2016年度最も期待する2番ラインから素晴らしい形状の85.1mmの個体が羽化してきました。ご覧のとおり顎の長さが非対称で少しもったいないですが、その迫力ある重戦車形状は美しさも兼ね備えた極上の個体である事は間違いありません。顎の張り出し、長さ太さも丁度良く、掘り出した瞬間『おぉ~・・・』と思わずうなったほどであります。頭幅はまだ計測しておりませんが、私の目指している『8532系統』に少しだけ近づけたのではと思います。今までの苦労が報われる瞬間であり、これがあるから昆虫ブリードは面白いんだと改めて感じますね。本当にカッコいい個体です^^